大阪 豊中 箕面 カイロ カイロプラクティック

  

   


大阪カイロプラクティック
箕面豊中店
カイロプラクティックとは カイロプラクティックの手順 料金と営業時間 地 図 カイロについてQ&A

 

 

頭痛治療症例1−大阪の国際基準カイロプラクティック

長年の頭痛

50代女性−洋裁家
頭痛が30年以上続いて毎日薬を飲みながら生活をしている。痛みはこめかみ感じられ、重くてずきずきする感じ。最近は前もって薬を飲むので強く感じる事は少ないが、疲れるとやはり痛くなる。洋裁が子供のころから好きで、運動は全くしたことが無い。頭痛が出る前は予感はあるが、視野が欠けたり閃輝暗点(せんきあんてん)が見えたりはしない。食べ物などの影響もないが、光や音には少し敏感で頭痛が起こりそうな感じはある。吐き気もあるがめまいは少しふわっとする程度。大きなけがや病気はなく交通事故などの経験もない。MRIなどでは異常な所見はない。

カイロプラクティック的見解

頭痛には危険なものもありますので、初めに除外しておかなければなりません。この患者さんの場合は以前から長く頭痛があることや付随する症状や痛みの出方などからすると病気ではないと思われます。後は、頭痛を感じる三叉神経に問題があるか、肩や首の筋肉の緊張から来ているのかを見分けなくてはなりません。

カイロプラクティック治療

首の周りの筋肉は硬結という塊をたくさん作ってさらに血流不足のために冷たく硬い感じになっていました。また、頭と首の間はむくんだようになっていて、筋肉を押すと頭に響くような痛みが色んな筋肉に見られました。これはトリガーポイントといって、筋肉の塊から離れた場所に関連痛という痛みを出す現象です。この筋肉の塊を柔らかくしていくために、虚血圧迫といって塊を刺激して、この筋肉が関係する頸椎の矯正をしました。洋裁をされるためか首の前の筋肉もとても硬く、前の筋肉が付着する鎖骨やろっ骨も矯正しました。肩甲骨の動きも改善しました。

カイロプラクティック的アドバイス

やはり仕事柄、首や肩のコリは出やすいので仕事が終わったら少し運動をすることが重要です。筋肉を伸ばすストレッチや逆に縮めるような運動をして筋肉が血流を呼び込んで老廃物を流すようにしなくてはなりません。もう一つは頸椎や肩の関節などを良く動かして硬くならないようにすることも必要です。頭痛はかくれ貧血の場合もよくあって、数値は問題ないが鉄分不足たんぱく質不足なども影響しますので、お肉を食べたり糖質を減らすなどの工夫も必要になります。

来院回数

この患者さんは1回目の治療で劇的に頭痛が無くなって、あとは調子を見ながらご予約されるという形でした。30年以上飲まなかったことがなかった薬をやめられてとても喜んでおられ、無理をして調子が悪くなると来院されるという形でした。
こちらもご参照ください。
↓クリック↓
頭痛





大阪カイロプラクティックセンター
〒562-0041箕面市桜1-10-13
TEL:080-4026-2690 URL:http://www.minoh-chiro.com copyright 2007. Osaka Chiropractic Center all right reserve.